伊賀一ノ井松明講 松明調進(2016/03/12)

e0344829_14402795.jpg




伊賀一ノ井松明講 松明調進(2016/03/12)

この日は毎年、伊賀一ノ井松明講のみなさんが東大寺二月堂まで山越えで松明を運ばれる日です。
およそ760年毎年続けられている行事です。
2月11日に松明山から樹齢100年あまりの桧を伐りだし、
薄い板状に調え、3月10日には道中の安全を祈る法要が行われました。

徒歩で越える笠間峠は人ひとりしか通れない細いところや、
きつい傾斜、落ち葉で滑りやすい場所などもありますが、
この日のために講のみなさんが掃除しておられます。


e0344829_14404557.jpg



e0344829_14411780.jpg




e0344829_14412657.jpg



青空のもと、無事に東大寺二月堂まで運び込まれた桧は、
このまま1年間乾燥させ、来年の修二会の達陀で使われます。


[PR]
by photo_kyoko | 2016-03-13 14:43 | 奈良 | Comments(0)
<< 修二会 生飯投げ 都からお松明 >>