高橋神社 包丁式(2016/04/03)

e0344829_23532352.jpg


佐保川の桜並木の中、赤い鳥居が目に留まりました

e0344829_23520619.jpg


高橋神社
奈良市八条町

料理人の神様である磐鹿六雁命と、
全国の高橋姓の氏神様、栲幡千々姫命を祭神とする神社です

早朝からなにやら準備されているところに、
「今日は”ほうとうしき”があります。ぜひおいでください」
と、お声掛けいただきました。

時間になり、神主様から儀式の説明がありました。
耳慣れない”ほうとうしき”というのは、
「包丁式」の大草流での呼び名であったのです。
包丁式には流派がいくつかあるそうですが、
大草流は武家での流派だとのこと。
今回は、全員が料理人である方々が
料理人の神様の前で奉納したいということで行われました。


神主様が祝詞を上げられた後、正式参拝されて、
いよいよ奉納です。


e0344829_00041366.jpg


最初にこの場を清められます。
動作ひとつひとつに緩急があり、
空気が一気に引き締まります。

e0344829_00042431.jpg


盤を清められます。


e0344829_00043737.jpg

動作も大変気迫が籠っています。

e0344829_00061861.jpg


儀式の合間に次第を読み上げられるのですが、
全部を撮ることができませんでした。


この間に、「おんじょう(音声?)」というのがあったのですが、、、


つづきは明日・・・







[PR]
by photo_kyoko | 2016-04-05 00:32 | 奈良 | Comments(0)
<< 高橋神社 包丁式(続き) 東大寺にて(2016/04/02) >>