<   2016年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明日から修二会本行

e0344829_23334415.jpg



今年で1265回目となる、東大寺二月堂修二会。
結界の張られた二月堂。

凍えるような真冬の気温でしたが、
そこここに人の気配の感じられる夜でした。

e0344829_23121026.jpg




e0344829_23120412.jpg


開山堂の向こうにオリオン座がみえました。
お堂の中で、糊こぼしは咲いているでしょうか。

e0344829_23121929.jpg




e0344829_23122664.jpg




e0344829_23123363.jpg


今年から北茶所前は、お松明の間は立入禁止です。
撮影する者との間になにかあったのか…
見ることすらできなくなってしまいました。

e0344829_23123929.jpg

こちらは去年の3月6日。
あのときは、ここでの撮影が続けられるよう、
待ち時間にお互いに注意事項を確認しあいました。
知らない者同士で場所を譲り合ったりと、
和やかな雰囲気であったのですが…





[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-29 23:37 | 奈良 | Comments(0)

桧原神社の梅

e0344829_18134319.jpg
春をみつけに、桜井市の桧原神社へ行ってきました。

e0344829_18122708.jpg
鳥居が注連縄になっているのですね。


e0344829_18130300.jpg
桧原神社から少し下ると見えてくる大和三山。
春霞のなかに溶け込んでいるようでした。

e0344829_18125603.jpg
探しにきた春は…

e0344829_18124614.jpg
まだ少し早かったようです。

e0344829_18131006.jpg

e0344829_18131643.jpg




[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-28 18:27 | 奈良 | Comments(0)

大和な雛まつり

e0344829_21485700.jpg


大和郡山市で開催中の『第5回大和な雛まつり』(2016/02/20~03/06)を見てきました。
時間が遅かったので、136ヶ所もあるという飾られている全部は到底見ることはできませんでしたが、
春を感じることができました。

上の写真は、『本家菊屋
豊臣秀吉が名づけた『御城之口餅』が有名です。
店の佇まいも大和郡山の歴史を伝える風情がありますね。

e0344829_21491702.jpg


商店街のあちらこちらで、さりげなくお雛さまが飾られています。

e0344829_21492857.jpg


こちらは大和郡山市柳町の商店街中心部の米澤酒店。
昨年、150年前江戸時代のお雛さまがみつかったそうです。
保存状態がよく、色美しいお雛さま。

e0344829_21495515.jpg


冠が現在のものより凝っていますね。
切れ長な目も涼しげです。

e0344829_21500111.jpg


同じく江戸時代の三人官女。
しぐさの自由さがこの時代の特徴なのだそうです。
左の官女は鉄漿をしているように見えます。

e0344829_21501124.jpg


こちらは大正時代。
同じく昨年見つかったものだそうです。

e0344829_21501831.jpg

当時のままの凛々しい姿。
着物も綺麗なままですね。

ふだんはお酒を並べる棚にたくさんお雛さまがおられました。
お店の方に詳しいお話をお聞きすることもできました。
ありがとうございました。




[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-20 22:10 | 奈良 | Comments(0)

光をあびて





e0344829_22151458.jpg



e0344829_22153437.jpg
黄色の花

おひさまを花にしたらこんな色?

撮っていたらね、はちみつパンを食べたくなりました。



[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-19 00:00 | 見ごろの花たち | Comments(2)

もうすぐ

e0344829_21581830.jpg

夜のうちに雪が降ったみたい。

車の上には少し残っていたけど、
平城京に雪はありませんでした。

それだけ地表の温度が上がってきてるんだね。
季節はそこまで。



[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-18 22:01 | 奈良 | Comments(0)

なら瑠璃絵の最終日には花火があがりました

e0344829_22293660.jpg
今年は2/8から2/14まで開催されたなら瑠璃絵


e0344829_22295296.jpg
一年でいちばん寒い夜が沢山の光につつまれました。


e0344829_22295920.jpg
最終日には若草山から打ち上げられた、奈良公園バースディ花火。

e0344829_22300795.jpg
バレンタインデーの花火はいつもよりロマンチック。
あたたかな夜となりました。



[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-16 22:34 | 奈良 | Comments(0)

しあわせ回廊 なら瑠璃絵

e0344829_23284997.jpg
なら瑠璃絵に行ってきました♪
今年は鹿さんイルミが増えていましたよ♪

e0344829_23285765.jpg


e0344829_23291093.jpg


e0344829_23291692.jpg

春日大社参道のミラーボーラーも良い感じです♪




[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-09 23:33 | 奈良 | Comments(0)

大立山まつり立山巡行(2016/02/02)

e0344829_00111581.jpg


『舞太鼓あすか組』の演奏が大極殿に響くなか、4基の立山が巡行しました。

e0344829_00112663.jpg


挽くグループはその日その日で違っていたようです。
法被の色も立山とお揃いでした。

e0344829_00113967.jpg


大極殿前に乗り込む持国天。
剣を振り上げて何かを成敗にい行くのでしょうか?

e0344829_00115851.jpg


4基の立山が大極殿前に並びました。

これをもって大立山まつりは閉幕しました。




[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-06 00:18 | 奈良 | Comments(0)

大立山まつり『舞太鼓あすか組』(2016/02/02)

e0344829_23013213.jpg
5日間の大立山まつり中、連日、立山巡行のバックで演奏されてた『舞太鼓あすか組』さん
動きの力強さ、皮だけでなく胴まで鳴る大迫力の演奏。
この生演奏が立山巡行をさらに盛り上げてくれていました。

e0344829_23014916.jpg
法螺貝や三味線も登場。

e0344829_23023118.jpg

和の奏法だけでなく、洋のドラム奏法も使った手数の多い音でした。
和太鼓で二つ打ちで鳴らすというのがね、
あの太い撥で二つ打ち、、、

「二つ打ち」というのは、スネアドラム(小太鼓)の一般的な奏法なのですが、
1回のストローク(腕振り)でタン、タンと二つ叩きます。
右、左、右、左と4回しか手を動かしてなくても、
タタタタタタタタ
と音が8個鳴ります。
ロックでも、ポップスでも、マーチでも、クラシックでも、
スネアの楽譜には必ず出てくる「きほんのき」ですが、

それをあの和太鼓の太い撥で叩くのがどれだけ大変か。
手の中であの太い撥をコントロールするのだから、
しっかり握れる握力、手の大きさ、
太鼓の張りを押し返す腕力等々、
圧倒的なパワーがないと出来ない。

あれは女性にはちょっと出ない音でしょうね。
太鼓叩きの血が騒ぐ素晴らしい演奏でした。













[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-04 23:28 | 奈良 | Comments(0)

興福寺追儺会(2016/02/03)


e0344829_23501039.jpg


節分は奈良のあちこちのお寺で行事があるようですが、
本日は興福寺追儺会に行ってきました。
こちらは18時半から薬師如来さまの御前で悔過法要があり、
そのあと、鬼追いの儀式、豆まきの行事と続きます。


e0344829_23390736.jpg




e0344829_23391818.jpg


あばれまわった鬼たち

e0344829_23392428.jpg


そこへ毘沙門天が登場

e0344829_23393166.jpg


激しい戦いを繰り広げます。


e0344829_23393863.jpg


そのあとに大国さまが現れて、福をさずけていかれます。

e0344829_23394733.jpg


今年の年男のみなさんによる豆まき。
ミス奈良のみなさんも福を授けておられました。


明日は立春。
もうそろそろお水取りかと、そわそわしております。




[PR]
by photo_kyoko | 2016-02-03 23:57 | 奈良 | Comments(0)